人気ブログランキング |

HC yokohama 選手のblog

hcyokohama.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 02日

6/1 横須賀リーグ最終日

四月に入部させて頂きまして今回、初めて選手ブログを担当させて頂きます山菅 一樹(ヤマスガ カズキ)と申します。宜しくお願いします!
細かい自分の紹介は割愛します。

6月1日の横須賀市民大会に参加させて頂いたわけですが、そこで自分が感じたことを綴らせて頂きます!(ややBチーム目線中心になってしまうかもしれませんが)

Aチーム一部リーグ優勝おめでとうございます!
Bチーム惜しくも二部リーグ二位との結果になりました!

Aチーム、Bチームともに最後の試合(6月1日の二試合目)は競った試合になったわけですがその試合を見ていて、プレーしていて感じたことはBチームの試合のハーフタイムに部長も話していたのですが「本当に試合に勝つための気持ちを込めたプレーをしているのか?」監督の言葉をお借りしますがハンドボールはミスのスポーツであり自分はそのミスをいかに少なくするか、ミスをした後にいかに取り返すかがポイントであると思います。

では本当に勝つためのプレーを試合に出すためにはどうしたら良いか、自分は毎日ハンドボールを出来る環境ではないので土日の練習、たまに出来る平日練習で試合の状況をイメージし、自分の中で作れるかが鍵だと思っています。

フィールドプレーヤーであれば普段何と無く打っているシュート、キーパーであれば何と無く止めれないシュートを減らす。
例えば普段フリーで打つシュートをインターハイ決勝一点負けのイメージを作り打つ。キーパーであればインターハイ予選ラスト3秒決められたら負けのイメージを持ってフィールドプレーヤーのシュートを受けるそれをイメージするだけで自分にかかるプレッシャーは相当なものになると思います。
そんな気持ちをみんなが持って取り組むことが出来たら良いなと思っています。
1人で意識し続けるのは大変なことですがハンドボールはチームスポーツなのでみんなで言い合える様な環境が出来ればいいなと思っています。

自分のなかでのTHE取り組む姿勢です。
Bチームの皆さん、次の大会で優勝出来る様にまた頑張りましょう!
Aチームの皆さん僕らが倒すまで負けないAチームでいてください!

長々とすいません。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
しんじと二人三脚でハマのマスコットとして頑張ります!!

# by kenji_hcy | 2014-06-02 23:54 | 公式戦
2014年 04月 17日

JO予選に向けて!

どーもますきんblog2回目です。

今回はジャパンオープン県予選直前なので、先週のトップチームのリリオ戦の試合を踏まえて、今週末に迎える熱き戦いを勝ち抜き決勝に進み、優勝して神奈川県代表なるため、エールを自分に送ります。




エールの前にリリオ戦の感想を少し!

リリオは初戦で当たります!勝ったことを自信にしましょう☆




今回見ててオフェンス面で大事だと思ったこと

①通じるプレーは止められるまで、相手が対応してくるまで続ける(相手の弱いところを見つけ、相手を上回っているプレー、プレーヤー(チーム、個人)をみんなが共有する)

②通じないプレーを繰り返し続けない(シュートも含め)

③シュ ートで終わる(ミスをしない、逆速攻につなげさせない)

これがある程度できていたと思います。




ディフェンス面で感じたことは

①1対1がアグレッシブに守れていた(サイドの絞りや、全体の寄せ等でチームディフェンスができていたからこそ)

② ファールトラブル!前半に3枚イエローカードを出されてしまうと後半の勝負所で厳しくなる場面があるということを頭の片隅に入れておく

③ ②に繋がりますが、審判の笛を感じて不用意なイエローカードはもらわない




ということです。




そして監督の戦術と指示を皆が理解し、意思を統一して戦う!これが一番大事かと!

各々が対戦相手(リリオ、HC相模原)の動 画を見て予習をし日曜の本番を迎えよう!




自分へのヘール!!

ますきんよ、30歳過ぎて2回も骨折をし、家族との兼ね合いやら、仕事やら、自分の時間やらで練習にもなかなか参加できず、トップチームでプレーできていなくても、それでも

ジャパンオープンに行きたいのか??




俺はH、C、YOKOHAMAのメンバーとして神奈川代表になりジャパンオープンに行きたい!




俺は試合に出てチームの力になり神奈川代表になりたい!




俺はベンチで試合に出れなかったとしても、声を一生懸命出してベンチを盛り上げ、チームの力になり神奈川代表になりたい!




俺はベンチに入れなかったとしても、ス タンドから一生懸命に声をだし、応援して、みんなのカッコイイ姿と優勝の瞬間をビデオにおさめて神奈川代表になりたい!




俺は仕事やら家族との兼ね合いやらで、どうしても試合会場に行けなかったとしても、みんなが試合している時間になったら頑張れーと気持ちだけでも送り、みんなからの優勝報告を聞き神奈川代表になりたい!




チームの一員として何かできることをやって、ジャパンオープンという手の届くところにあるものを、みんなで一致団結して今年こそつかみとりましょう!!な

# by kenji_hcy | 2014-04-17 17:20 | その他
2014年 04月 16日

4/12 練習@金沢SC

4月12日は金沢SCで練習を行いました。
フットサルでアップし、11時から13時まで全面が使用できるため先に試合を行いました。次の日が大会だったため無理をしないように調整しました。13時から15時は半面で現在のチームで弱いと思われる局面をインプットし取り組みました。サイド、45、センターバックのチェンジのタイミングをミスすると、すぐにズレや凹みが発生してしまいロングシュート、フリーでのポストパスをやられ、昌平と何度も確認しながらでしたが、今後も課題が残ったので徐々に修正したいと思いました。この日はバックプレイヤーをやる機会があり、セットプレーでの一つ一つの動きがディフェンスの幅を広げる事も監督から教わり勉強できました。またロシアでセンターでボールを受けた時、サイドのスペースがかなりある事も気付けましたが、自分のパスが悪く2回ほど点に繋げる事ができませんでした。サイドでプレーする時は呼び込んで得点に繋げたいと思います。
そして、最後にこの日のメイン。ハマのレジェンド関選手のハンドボール30周年記念サプライズパーティーです。ビデオレターでは日本代表、信太選手、宮崎大輔選手からもメッセージが!!!
関さん本当におめでとうございます!自分が言えた事じゃないですが、最近怪我が多くなってるので皆さん気を付けて、関さんみたいHC横浜全員でプレーしていきましょう!!

以上です!!

# by kenji_hcy | 2014-04-16 14:44 | 練習
2014年 04月 04日

3/29 練習試合@金沢産業振興センター

3/29分のブログは安齋が担当させていただきます(^○^)

HCの参加者は19名
場所は金沢SC

今回は千葉のクラブチームの松葉送球会と神奈川大学ハンド部との練習試合でした。
わざわざ遠くからお越しいただきありがとうございました!
とてもプラスになる経験ができました!


まずMTGでは先週の試合のポジティブポイント、ネガティブポイントをあげて、今後の成長に向けた課題を共有しあいました。
自分の現在の課題でもある、DFのシステム理解、共有から後半でも相手の修正してくるプレーに対応できるようにすることが挙げられました。辛い状況の時こそこまめなコミュニケーションを心がけることを一人一人意識出来るようにしていきたいです。

次に、A.Bチーム、松葉送球会、神大の4チームローテーションで試合を行いました。

個人の反省では
・DFとの連携で前に落とせるシュートを入れられてしまう
・位置どりで後手にまわってしまい相手の理想上のシュートをされる
といった準備を怠った結果により起こる反省が目立ちました。
自分から話せる機会をつくってDFのシステムを覚えることと、意思の疎通を図ること、基本を忠実にしつつ自分の身長にあった動きができることが今後の課題だと思いました。大会もすぐなので簡単なことを多く習得できるよう努力します!
あと速攻パスもスペースとパスルートを極力見つけて出したいと思うのでジェスチャーやアイコンタクトなどなどしてくれるとパス出しやすいです嬉しいですお願いします!(^○^)

全体の反省では、
凹みが生まれた結果、相手に01を簡単に踏まれて攻めやすい形にさせてしまい得点が多かったと思います。自分も同じですがアグレッシブに次のプレーを予測したDFを足が止まった時にどれだけできるかが今後の勝利につながるんだなと当たり前ですが改めて感じました。
あとパスやパスキャッチミスからの逆速攻の失点もあったので基本を大切にしていきたいです。


てことで大会が今月から目白押しなので今できることを考えながら頑張ります!*\(^o^)/*
新人も続々増えていってるのでチーム力とモチベーションをもっと高め合っていきたいですね(^○^)
てことでなんか飲みとかあったら誘ってください笑


以上、雑な文章ですみません笑
あんざいでした!

# by kenji_hcy | 2014-04-04 00:50 | 練習試合
2014年 04月 04日

3/30 @清水ヶ丘公園体育館

練習前の『質問力』について話がありましたが、練習中にどんな小さいことでも、確認、意思の疎通をする意味では、非常に重要なコミュニケーションだと思います。

極論、技術うんぬんより大事な要素だと思います。

練習時でも、〜どうする?などのやりとりが普段よりも積極的にあったような気がします。

みんな環境が違う中で、ハンドボールの経験があり、母体のないチームとしては、これから意識していくポイントの一つだと思います。

三人チームのシュート練習、6対6、10分ゲームなどの練習は、より確率の高いシュートを意識して行く必要がありますね。(かなり自分にあてはまりますが、、、)

意識の持ち方で、質は上げられます!

個人的には、コンディションが落ちてるのを実感してるので、プライベートな用事もちょこちょこありますが、上手く両立して、徐々に上げていければと思っています。

by新原

# by kenji_hcy | 2014-04-04 00:24 | 練習
2014年 03月 28日

3/23 世田谷リーグ VS FST

■よーすけ目線
お疲れ様です。日曜のFST戦について少し感じた事を書きます。この試合は自分が怪我をしたため、ベンチで見ていました。OFではレオさんのロング、しょうへいさん、芝サイドシュート、クイックがたて続けに流れとしては悪くないように思えました。しかし、途中交代要員がいなく、疲れていたということもあり、DFが機能しなくなっていたと思います。対エース側で凹みがありそこから何本か同じようなプレーで決められていたというのが印象的でした。しかし、人数が少ない中でもHCのハンドボールができたと思います。これから、試合も増えてきますが、勝ったら勝ったなりの、負けたら負けたなりの反省すべき点はあると、思うので、チーム、個人で考え高い目標目指して頑張っていきましょう!

■芝目線
今回のFSTの試合で感じたことは、自分がいつもいかにサイドでサボっていたかということです。45を1試合通してやって、どれだけコミュニケーションが大事かということ、意思疎通が大事かということが分かりました!しかし、その中でも個人面では通じるところもあったのでそこはこれかはも伸ばして行きたいと思います!
DF面では、サイドからの声掛けが少なくダブルポストになった時崩されていたイメージがあります!ダブルに入る前に一声かければ防げた点数が何点かあったと思います!今回の試合を通して45もやってみたいと思ったので今度の練習からは自分からもっと積極的に自己主張をして行きたいと思います。

# by kenji_hcy | 2014-03-28 14:24 | 公式戦
2014年 03月 26日

3/23 世田谷リーグ VS 桜門クラブ 

今回の選手blogは澤尻が担当しました。
久しぶりに書くと新鮮ですね!

◆参加者
重さん 関さん 健太 レオ 西村 よーすけ そうた シンジ セイヤ 芝 昌平 
◆見学
澤尻 ゆーき


◆データ  
17-22(10-9 7-13)
  
・桜門 速攻 前半2/2 後半2/2 トータル 4/4
    SET 前半6/17 後半9/12 トータル 15/29
    7m 前半1/1 後半1/3 トータル 2/4
    ターンオーバー 前半3 後半2 トータル5

・HCY 速攻 前半6/11 後半6/10 トータル 12/21
    SET 前半4/8 後半1/8 トータル 5/16
    7m 前半1/1 後半0 トータル 1/1
    ターンオーバー 前半2 後半5 トータル7

◆感想

相手のOFはやや特殊なOFでした。
・ポストが45とサイドの中間の位置まで出る
⇒CB引っ張りだす
⇒開いたスペースに空走り
⇒釣られた45のOUTから2:1

とか、

・ポストが浮いてセンターへ
⇒元々のセンターがTOPに1:1かけてへこませて
⇒開いたスペースに浮いたポストが走り込み、直接CBに1:1

とか、

相手の動きに惑わされて観察モードに入ってしまい、01の段階で固めに行くDFがあまりできませんでした。
とにかくポストとフローターのポジションチェンジが頻繁にあり、マークチェンジが間に合わずに失点してしまうパターンが多かったと思います。

このへんは文章だとわかりにくいので、是非動画を見て下さい。

前半は相手の攻めもややチグハグで確率も悪かったのですが、ハーフタイムに狙い所をしっかり整理して修正してきました。(データを見て下さい)
それに対してHCは後半からはTOPDFをアグレッシブな形にしましたが、日大式の動きのあるハンドボールとHCの3-2-1DFの相性もあまり良くなかったように思いました。

コンパクトな3-2-1にする、45は2-2で守る、フラットな6-0にする、など対策もあったのですが試合中には修正できませんでした。

後半まくられてしまった敗因としては

・スペースを使うのが上手な相手に対して、後半はこちらからスペースを与えてしまったこと。
・戦術上のミスマッチを試合中に修正できなかったこと
・監督が選手出場した際のベンチワークの弱さ
・セットOFの確率の悪さ

あたりが挙げられると思います。

タイムアウトのない試合では試合の流れを止めることができないので、チームの対応力が問われてきます。

OF,DFが機能しなかった時の対策を事前にベンチと決めておく、、、もしくは監督をOFのみにしてDFは監督に専念してもらう、、、など、次回に活かせるといいなと思いました。

個人としてはなかなか怪我が治らず、この日はプレーしない選択肢を選びました。
なかなかベストな状態でコートに立てないことが歯がゆいのですが、外からハンドボールを見ることで違った気付きもありました。
ジャパンオープン予選から逆算して平日からコンディション作りに励みたいと思います!

以上です。

# by kenji_hcy | 2014-03-26 05:49 | 公式戦
2014年 03月 24日

3/22 練習試合@神大

参加者:しげさん、
関さん、部長、がもさん、田中さん、黒、ゆーき、しょーへー、そうた、コータ、しんじ、鎌田、安齋、山ちゃん、江成、保、吉田さん、森岡くん、藤本

メニュー:アップ(壁当て)
対人パス
3ポイントシュート
ポジションシュート
6対6
ゲーム
本日の選手ブログは藤本がお送りします。
ミーティングはそーたが最近うまくいっている話から、練習前に欧州選手のプレーでやりたいことをやる、悪かったところをどうすればうまくいくかイメージをしっかりもつ。その結果プレーが上手くいくとのこと。高校生なのにすごくしっかり考えていて、こちらもこの姿勢はとても大切と痛感させられた。
次に監督よりあいさつについての話
なぜ挨拶が大切なのか
マナー、コミュニケーション、礼儀等
有名なメンタルトレーナー遠藤さんの本にも記載されていた、駒大苫小牧がなぜ強豪校に慣れたかというと日本一の練習量と挨拶を徹底したからであると。
強いチームは当たり前のことが当たり前にできるからであると。
私も会社に勤めていてわかるが、挨拶のできない人は多い。
よくできる人ほど挨拶はしっかりできている。
私も常日頃から気持ちの良い挨拶をすることを心がけたい。
6対6については神大とHCABの3チームで回す。
私はHCBでプレー。攻めに関しては神大の変則DFに対してシステム自体全員に行き渡っておらず中々ボールが回せず周りにチャンスを作れなかったのは課題である。
またDFに関してはサイドにはいったのだが45ディフェンダーが対1をする時身体を当てないとセンターバックとサイドディーへの負担が相当なものになるということだ。
もし、45に入れるチャンスがあれば最低限の役割は果たすことだけは意識したい。
最後に6対6
神大対HCA。競った試合。終盤にかわす。10分休憩
神大対HCB
中盤まで最大4点差まで離れたが終盤に1点差まで追い付くが最後に勝ち越しを許し負け。
この試合で得られたことは共有は大事。
一本一本のフリーは必ず決める。DFは気持ちも大事。
自分の当面の目標はAチームにあがることでそのためには課題を見つけそれを直すことが正解だとおもっております。
明日はいけませんがみなさん頑張ってください。
以上藤本でした。

# by kenji_hcy | 2014-03-24 14:26 | 練習試合
2014年 03月 20日

3月16日(日)練習試合@横浜国立大体育館

■参加チーム
横浜国立大、静岡教員チーム、HC(A、Bチーム)

■参加者(敬称略)
重冨、関、沢尻、荒井、新原、上村、しんじ、西村、澤村、ジーノ、昌平、高橋(ユウキ)、吉田、そうた、保、田中(部長)

■ミーティング
ハンドボールを楽しむことがなぜ大事なのか?どうしたら楽しめるのか?をテーマに様々な意見が出ました。また選手スピーチは荒井ちゃん。HC創成期のメンバーとして意識していることをスピーチしてくれました。

■メニュー
・アップ(西村アップ)
・対人パス
・3ポイントシュート
・ゲーム(3チーム回し)

■ゲーム内容
国大チームは粘り強く、静岡教員チームは個人技の高いチームでどのゲームも接戦になりました。
Aチームは共有が確立してきているので、圧倒する時間帯もありましたが、ゲームの流れを失う時間帯もありました。おそらくコンディションが一番の要因だと思うので、上げて行けば問題はないでしょう。
Bチームは初めてやるポジションがある人もいたり怪我から復帰のメンバーもいたりと苦しい試合展開でしたが、楽しくハンドボールできたと思います。

■レフェリー目線から
AチームVS静岡教員チームのゲームを担当しました。練習試合で意識していることは少し厳しめのジャッジです。新原や西村に出した警告が例ですが、市民大会や県選手権でもおそらく警告は出ないと思います。ただ上の大会で基準の厳しいレフェリーだと横からのプッシングや腕を絡めて半身抜かれるシーンは警告対象になりますので、結果的に危ないプレーでなくても警告対象にしました。
このゲームで気づいたことは、以前のHCは激しいDFより荒いDFによる警告(抜かれた後に横から押すなど)が多かったと思いますが、今日は激しく行った結果の警告(アタックに行った結果腕が絡んでしまう等)だったと思います。なので非常にクリーンなゲームになったと思います。
試合では一つの退場が流れを大きく変える為、この辺の意識共有ができるといいですね。

以上、本日も楽しくハンドボールできて幸せでした。国大の皆さん、静岡教員の皆さんありがとうございました!

# by kenji_hcy | 2014-03-20 16:01 | 練習試合
2014年 03月 16日

2014/3/15@平沼記念体育館

参加者:しげさん 関さん 部長 ますきんさん 荒井さん 健太さん 慎二さん 藤本さん
卓寛さん 祐貴さん 昌平さん 芝さん 森岡さん 鎌田 川崎信用金庫から7名

メニュー
・アップ(バー当て)
・対人パス
・3ポイントからのシュート
・ポジションシュート
・ゲーム

駄文で申し訳ありません!本日の選手ブログです!


ミーティングは、大学でのプレゼンを控えているゆうきさんからのお話がありました!
わからないこと、できないことはまず自分一人の力で考えてみる。そしてわかる人、できる人に話を聞く。
当然と言えば当然ですが、自分でそれができているかを考えると、自分で考えることを放棄している気がしました。
今後は私生活、もちろんハンドボールでも考えることを増やそうと思います。



3ポイントからのシュートでは、コーンの枠の中からパス、シュートをする練習をしました。
自分がいかに出下がりができていないかを実感しました。
出下がりができていない状態では、バックプレーヤーもクソもないので、今後はしっかり意識していきたいです。



そしてゲームは、HC2チーム、川信1チームの計3チームでのゲーム回しになりました。
その中で、自分の一番の課題として感じたのは、スタミナ切れの速さでした。。
止められるものも止められない、取れるものも取れない、決められるものも決められない、
これではハンドボールになりません。まず一番に体力を改善しようと思いました。
そのためには練習の参加率向上、日頃からのトレーニング、摂生する、など春休み大学生の自分には甘えてしまう課題ばかりです。
が、その中で意識を高めることで、自分の中の課題は少しずつ解消されるはずだと思います。



以上、鎌田でした!

# by kenji_hcy | 2014-03-16 00:34 | 練習